オートコール営業支援システムをテレアポ代行より圧倒的格安で提供します。

FrontPage

ズバリ!利用料の圧倒的な安さで選ばれています!

最新オートコールシステム

オートコール資料請求

オートコールとは

オートコール(自動電話)とは

その結果、あなたの会社や商品に興味がある見込客を圧倒的なスピードと低コストで開拓することができます。

最初、この話をした時、
「そんなもので人が反応するワケがない!」
と多くの会社の社長様は、笑っていました。

ところが、その実績を話しだすと・・・

録音したメッセージを送るオートコール自動電話のメリット


■ 短時間に大量発信ができる

コンピューターで指定した時間に大量の自動音声発信を行えます。

■ タイムリーな情報提供ができる

簡単に自動音声の吹き込みができるので、伝えたい情報を伝えたいときに流せます。

■ お客様に安心感を与えられる

興味がない場合はすぐに電話を切れるので、威圧感なく肉声の電話よりも安心して警戒なく答えてもらえます。

  オートコールが見込み客を連れてきます

オートコール自動電話が見込み客を見つけ出す仕組み


1.メッセージを大量自動発信する

対象とする地域の住人や、既存顧客に日時を指定して、自動的にメッセージを送ります。
電子電話帳のリストを使い、お客様が指定する地域の家に自動音声電話をかけていきます。
この連絡先は費用に含まれているので、お客様が顧客リストがなくてもご安心ください。

2.アンケートで興味のあるお客様を選別する

メッセージにアンケートを盛り込み、「興味がある」と回答したお客様を特定します。

3.見込み客リストを作成する

通話結果を即時に集計して、顧客を細分化。その情報をもとに「見込み客リスト」を作成します。

4.営業をサポートする

見込み客の情報を随時、オンラインで取り出せるので、資料を送ったりアポをとったりすぐに営業がかけられます。

オートコール(自動電話)を活用すれば・・・


  オートコール(自動電話)活用方法

■ 見込み客の発掘が低コストで短期間で出来る

  • 不特定多数を特定多数の見込み客にセグメント
  • 指定リストからより密度の高い見込み客をセグメント
  • 購入予定の確認 ・購買意欲喚起
  • チラシ・DM・新聞広告等のメディアサポート

■ 優良顧客の囲い込みが出来る

  • ABC分析に基づく個別アプローチ
  • 期限の迫った会員に継続更新
  • リピート注文の促進
  • 購買サイクルによる定期的アプローチ
  • 休眠顧客の掘り起こし
  • セグメントされたデーターにピンポイントで送信

■ イベントの集客が出来る

  • 展示会やイベントへの来場促進
  • 新規開店のお知らせ
  • 売り出しや新商品のお知らせ
  • 地域情報のお知らせ
  • キャンペーン案内

■ 市場調査が出来る

  • 実態調査・意識調査
  • 認知度調査 ・広告の効果測定
  • 商圏調査 ・売れ行き調査
  • 選挙調査

■ 見込み客の発掘では

  • オール電化の見込み客発掘
  • 太陽光発電の見込み客発掘
  • リフォームの見込み客発掘
  • ホームセキュリティーの見込み客発掘
  • 損害保険の見込み客発掘
  • 通販健康食品の見込み客発掘
  • ミネラルウオーターの見込み客発掘
  • 床暖房の見込み客発掘
  • 外壁塗装の見込み客発掘
  • 墓地、墓石の見込み客発掘
  • 投資・資産運用の見込み客発掘
  • 学習教材の見込み客発掘(セグメント有料リスト使用)
  • 学習塾の生徒見込み客発掘(セグメント有料リスト使用)

など様々な業種で活用されています。

■ その他にも様々な活用法があります

  • 治験患者の発掘調査
  • 不動産情報の発掘
  • 損害保険の通知案内
  • 迷子のペットを探すなど
  • 選挙の意識調査

■ どれくらいの反応があるか

これはあくまでも一例ですが、1日約2,000コールして約10件から15件の見込み客が獲得出来ています。
もちろん、商材や地域による差はあります。

チラシを1万枚蒔いても1件の問い合わせがあるかどうか?

1日、足が棒になるほど個別に飛び込みをしても、1件の見込み客が見つかるかどうか?

多くの企業はチラシや営業マンにお金をかけても見込み客を見つけるのは容易ではないのです。

このインターコールなら、機械が見込み客を目の前に連れてくるので企業としてもこのシステムは使いやすいのです。

オートコールシステムは高い!

そんな風に思っていませんか?

そうです、実は高いのです。
ただし、それはこれまでのオートコールシステムの話です。

実際には、機器の設置や回線設備などが必要になり初期費用だけでも数10万円するのが一般的です。

それを、弊社では、サーバー型の発信システムにすることにより他社の追随を許さない圧倒的な低価格を実現することができました。

■ 本当に日本一の低価格なの?

折込チラシ、ポスティング、DM、テレアポ、オートコール、さまざまな媒体がありますね。

果たしてどれが一番安くて、成約率が良いのか?
分かりませんよね。

まずは下の表を見てください。

媒体費用備考
オートコール(弊社)@?円業界最安値です。 
オートコール(他社)30円~84円さらに別途初期費用18万円~40万円
DM300円 
折込チラシ8円B4印刷代・折込料金 

折込チラシが一番安く上がりますが、折込チラシも3万枚から数10万枚撒かなければ反応が取れません。
それだけで数10万から数100万円が必要となってきます。

ポスティングチラシもポストからそのままゴミ箱に捨てられているのが現状で反応や問い合わせがあるのは、ピザの無料券の付いてるチラシという悲惨な状態です。

オートコール自動電話システムも当社と似たようなサービスがありますが単価だけを@7円などと安く見せ、実際は登録料だ、通話料だ、電話帳データー使用料などの名目がくっついているケースがあります。

単価だけ見て”安い”!と思っていたら、結構な金額で、全然安くなかったとならないように気をつけましょう。

弊社のオートコールシステムである『インターコール』はそのような不透明な部分を無くし分かりやくい「こみこみ価格」で提供しています。

@★?円

サーバー型で実現することにより、一般より圧倒的な価格での提供が可能となりました。

現在、@★?円よりもさらにお得な料金プランもご用意しております。
※料金詳細はお問い合わせください。

更に、全ての入力などの作業は価格に含まれているのでお客様は、ソフトをインストールしたり、機械を導入したりしないで結果を取り出すだけなのでコストも大幅に削減できるのです。

他社には無いNTTの電子電話帳のデーターの使用料は@★?円の中に含まれているので、何回でも使えます。

もし御社が従来のオートコールシステムをお使いなら弊社のオートコール自動電話システムに簡単に乗り換えることで大幅な経費削減をすることが可能となり、

圧倒的な経費削減だけでなく1人あたりの見込み客獲得コストも大幅に下げることが可能となります。

顧客獲得コストが大幅に下がり、尚且つ、優良見込み客が継続して手に入れられるのならこの『インターコールシステム』を使ってみる価値は十分にあると思いませんか?

オートコール自動電話費用比較

■ 営業マンを雇うより効率が良い

最近は、完全歩合を希望する営業マンは見かけなくなりました。

20万円から25万円の固定給プラス歩合給でなければ営業マンも集まらなくなってきています。

しかし固定給部分の働きをしてくれれば良いのですが、最近の市場環境は、飛び込みは勿論、テレアポ代行、電話代行を依頼しても簡単には取れず見込み客さえも見つけるのは容易ではありません。

チラシの反応もなく集客のコストは上昇する一方です。

新人の営業マンは1ヶ月何人の見込み客を見つけ成約に持ち込めるでしょうか?

御社の取り扱う商品が高額で粗利益も高く1件成約にすれば、50万円以上の粗利益が見込まれるのなら月に1件の成約にでも良いかもしれません。
しかしその1件さえも厳しい状況ではないでしょうか?

オートコール自動電話システムは、平均、毎日6件から15件の濃い見込み客を集めます。

20日稼動したとして120人から300人の見込み客が1ヶ月で集められます。

営業マン一人雇用する場合とインターコール1ヶ月分の経費と比べるといかに効率良く見込み客を集められるかがお分かりになるのではないでしょうか。

いかがでしょうか?

弊社オートコールシステムのインターコールはご理解出来ましたでしょうか?

この自動電話応答システム、インターコールを使って

[check]濃い見込み客を格安で見つけたい方
[check]あなたの目の前に「濃い見込み客が行列する姿を見たい方」
[check]アンケートなどを素早く取って結果を早く知りたい方は

 オートコール資料請求

>> オートコールを使った営業代行の成功法則とは

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional